熊谷桜堤(熊谷市)お花見みどころポイント

埼玉県熊谷市の荒川沿いにある、熊谷桜堤。毎年3月31日にお花見をしていました。熊谷駅南口から徒歩5分ほどというアクセスの良さ、土手一面に咲いた菜の花と桜のコントラストが特徴で、多くの人で賑わっていました。いつもお昼時から夜までお花見をしていたのですが、場所取りは本当に大変…。午前11時頃に集合して、そこから場所取りに向かいますが、週末にぶつかるとなかなか場所がありません。お昼を過ぎると、段々と人が少なくなっていくので狙い目です!また、周辺道路も混雑し、東松山方面から来た車で荒川大橋は大混雑!駐車場も満車の場合が多く、車で来るのはあまりおすすめできません…。ようやく場所取りができ、落ち着いたら屋台散策!熊谷桜堤のお花見は、屋台がたくさん出るので毎年楽しんでいます。屋台の前の場所をとる際には、近くの屋台の商品を買うのがマナーです。屋台のラインナップは、大人から子供まで楽しめる商品ばかり!お酒を飲みたい大人も大満足の商品が豊富です。日中は日差しが強い日がほとんどですが、夕方頃になると一気に冷え込み、薄手の服だととっても冷えます。羽織れるものを一枚持って行くといいですよ!小さなお子さん連れの方に気を付けてほしいのは、毎年迷子になるお子さんが居ることです。屋台中心部に警察のテントが設置されているので、お子さんとはぐれた時のために確認しておくのがおすすめです。また、仮設のトイレや公園内のトイレが利用できますが、小さなお子さん連れの方は利用が難しかったり、並ぶのに時間がかかったりします。少し離れますが、熊谷駅のトイレは広くてきれいなのでおすすめです。特に、アズ熊谷5階、2階のトイレは広いので、お子さんの利用も、女性のメイク直しにもぴったりです。アクセスについてですが、先ほども述べた通り、週末の車の利用はあまりおすすめできません。高崎線、秩父鉄道の熊谷駅が最寄り駅となり、歩いてすぐなので、電車の利用がおすすめです。また、東武東上線森林公園駅から熊谷駅南口行きのバスも運行しているので、東上線沿いの方はバスがおすすめです。熊谷駅周辺には、飲食店も多くあります。待ち合わせの際には駅構内のカフェを利用できますし、お花見が終わった後の夕食や飲み会に利用できるお店も多くあります。熊谷桜堤があるのは熊谷駅南口ですが、飲食店が集まっているのは北口です。また、熊谷桜堤と合わせて秩父や長瀞方面への旅行もおすすめです。秩父鉄道熊谷駅から約1時間ほどですので、春のお出かけにぴったりです。

宮城野区榴岡公園お花見みどころアクセス

宮城県仙台市宮城野区にある榴岡公園のお花見がとても綺麗です。桜祭りの期間は、4月上旬~下旬です。交通アクセスは、【電車】JR榴ヶ岡駅から徒歩約5分、JR仙台駅から徒歩約15分。【車】東北道仙台宮城ICから約30分です。例年の見頃は、4月上旬~5月上旬くらいです。昨年、お花見に行った時は、4月中旬くらいでした。平日だったにも関わらず、お花見の会場がにぎわっていました。特に、友達連れや、カップル連れの人たちがけっこういました。桜もちょうど満開に咲いていました。けっこう屋台もたくさん出ていました。シダレザクラや、ソメイヨシノなど約370本の桜が公園にあります。屋台も充実していました。焼き鳥や、クレープ、焼きそば、チョコバナナなどけっこうたくさん出ていました。けっこう子供たちもいました。他にも散歩するところがあります。自然が豊かな公園です。駐車場もあります。駐車場は、有料になります。交通機関を利用することがおすすめです。公衆トイレもあります。売店もあります。ビールや、日本酒の販売もあります。お花見も日中だけでなく、夜桜も楽しむことが可能です。けっこう立派で自然が豊かな広い公園です。開園、閉園時間は、24時間です。ゆっくり桜を観賞することができました。ゆっくり散歩と、お花見を楽しめました。犬連れの散歩コースにもとても良い場所だと思います。公園を散歩した時は、松ぼっくりがたくさん落ちていたりもしていました。昨年のお花見は、晴れていて、穏やかな気候でした。お花見に適していました。そんなに寒くありませんでした。春らしい気持ちが良い感じでした。お花見会場でも、ビールや、お酒を楽しむ人がたくさんいました。お花見に来ていたみんなもゆっくりしていました。けっこう広い敷地内の公園に人がたくさんでした。けっこういっぱいになっていて、座るところがほとんどないくらいでした。けっこう地元だけでなく、全国からも人気で知られている有名なお花見スポットです。他県から観光などで仙台に来る機会がある場合は、特にお花見の季節は、榴岡公園のお花見がぜひおすすめしたいと思います。毎年、けっこう地元のテレビ局などでも報道されるほどの人気なお花見スポットになっています。家族連れや、カップル連れ、友達連れなどに人気で、おすすめしたいお花見スポットです。ゆっくりと落ち着くところでした。昨年、お花見に行って良かったです。桜の写真をたくさん撮りました。

夙川公園(兵庫)お花見みどころとアクセス

兵庫県で超有名お花見スポットです。その名の通り川があり、その川沿いに桜(ソメイヨシノ)が植わっています。ただ、超有名がゆえにすごく期待してしまっていたのでちょっとイメージとは違いました。(これは奈良県の吉野でも言えました。)まっピンクというほどの量ではありませんが、ぼちぼちと植わっており、満開の時期になると見る場所によっては密度がすごいです。おすすめはJRの方から行って阪急の方へ上っていくのがいいですね。川上に行くと川幅が少し狭くなり、密度が濃く見えます。また、よく写真やニュースの映像で見ることもあるかと思いますが川の土手?に下りることができ下から桜を楽しめる事もできます。桜の季節になるとどこかしらで紹介されるすごく有名な情景です。公園が今風の整備された公園とも違い、昔ながらのレトロさも残ります。良い点で言えばそれが懐かしさがありますが、地面はボコボコとしていますのでデートであっても歩きやすい靴で行くことをおすすめします。(階段などの段差もあります)また、電車好きの方には是非オススメしたい桜スポットですね!橋の上からちょうど川の方に向かって(山側を見ます)カメラを構えてください!!電車と桜と川をカメラに収めることができる超写真スポットでもあるのです!!(おそらく関西在住のカメラ好き・電車好きの方はすでに行ってらっしゃると思いますが…)するとJR西日本の神戸線が通っていますから在来線の普通・快速・新快速の3種類も撮ることができるのです!それに時間帯によっては、はまかぜ・スーパーはくとなどの特急も、それに高級列車瑞風も?!一緒に納めることができ興奮しないでいられないですね!橋の上にはたくさんのアマチュアカメラマンが三脚で陣取っていますのでなんとかベストポイントに寄っていって是非撮ってみてください!アクセスについてはJR西日本のさくら夙川駅(新しくできた駅です!!!)と阪急電車の夙川駅のどちらからでも行けます!!阪急からですと下っていきながら見る感じですね。JRからは逆に上っていくイメージで、私はなんとなく六甲山系の山々を見ながら見たいので上っていきます。ですが、また同じ駅に戻る予定でしたら上りも下りも見られるのですけどね!特に定期券があるとか自宅に帰るとかこだわりが無い方は阪急から下ってJRで帰る、ということもできます。(またはその逆も)土地柄、お上品な街ですので来園者もどことなくお上品です。他の公園にもお花見行ったことがありますが、なかなかの下町感があるオジサマがいるようなところもありましたから。それはそれでいいのですけどね。屋台はなかったと記憶していますが(たぶん地域のイメージ的に難しい)夙川・西宮付近はオシャレでおいしいお店が多いスポットですから少し行けばお店がたくさんあります。そんな気取ったお店は苦手…という方は電車で20分ほどで大阪梅田に行けますのでそちらでどうぞ!!

堀内公園お花見/周辺観光ランチ

ここは乗り物や動物がいて散歩に向いています。ゆっくり公園を歩いてみて廻るのがベストです。駐車場も大きなものを併設していて無料です。駅も公園の名前がついているくらいで公園の中にあるので便利です。ただ30分に1本くらいなので要注意です。混雑はあまりなく大きな観覧車が目印です。小さな子供を連れて行っても遊具などがあり飽きることはないと思いますし乗り物も高くなく無料で遊べるものもあるので安心です。ただここは遊園地ということもあり屋台はありませんのでその点は少し寂しいのかもしれません。食べ物も扱っているわけではないのでお弁当持参かもしくは近辺で食べるのが言いかと思います。ここから車で10分程度ですがデンパークという公園もありここにはビュッフェ式のレストランや地ビールが飲めるレストラン和食やイタリアンなどのレストランや軽めのフードもあり入場料はかかりますが高くないので仲を見て回ってから食事をするのもいいと思います。食事に関しては堀内公園の近くの喫茶店やお寿司屋さんがお値打ちに食べられます。喫茶店は毎日日替わりのランチが食べられ味もとてもおいしいです。おすし屋さんもランチ時にはお得なセットもありおいしいです。またデンパークのすぐ近くにもオムライスのおいしいレストランがあるのでお奨めです。ちょっと足を伸ばす事ができるのなら蒲郡まで行くのもお奨めです。蒲郡のラグナシアはアトラクションあり冬はイルミネーション夏は花火と季節ごとに楽しめることが多いです。レンタルルームもあり利用料金は日によって違いますが安いときは平日の3時までなら2,000円で利用できるので小さい子供さんがいる人には利用するのもいいかと思います。ここには天然温泉もあるので堀内公園でのんびり散策してデンパークでランチを食べてラグナシアでディナー付きのお得な温泉セットで疲れをとって家に帰るというのがいいかと思います。ただしこのプランは電車では難しいとは思いますがラグナシア以外は駐車場が無料ですし入場料金も堀内公園は無料デンパークも600円なので利用しやすいかと思います。堀内公園の桜の木はたくさんあり混雑もあまりないのでわんちゃんも一緒に散歩している人も多いです。堀内公園だけでなくデンパークにも桜は咲いているのでどちらも桜をみるということでは○だと思います。ラグナシアに行かないという人はコミュニティーバスがありますのでそれを利用すればどちらも行けるので大丈夫です。

和歌山城(和歌山市)さくらお花見

和歌山城公園内のさくらは、ソメイヨシノを中心に約600本があります。満開の時期は年によって多少の差はありますが、3月下旬から4月上旬になります。桜祭りも開催され、たくさんの人でにぎわいます。売店や公衆トイレも整備され、城内でお花見するだけなら無料で楽しめます。私たちは、昼間お弁当をもっていってゆっくりと城内を散歩しておはなを楽しみましたが、夜は、ライトアップされとてもきれいです。夜店もたくさん出ているので、場内のいろんなところにゴザを引いて宴会している方々もたくさんおられます。やはり、平日のほうが人が少ないのでゆっくりできると思います。でも、桜の見頃は短いのでたくさんの人で賑わうのは当然だと思います。和歌山城のさくらは、広い場所にわたってたくさん咲いています。散歩しながら、ゆっくり見物するのがおすすめです。和歌山城へのアクセスは、 JR和歌山駅からバスで公園前下車すぐ、 南海和歌山市駅からバスで公園前下車すぐ、 車の場合は、阪和インターから約20分です。駐車場は約58台可能です。和歌山城公園には、無料の動物園があります。子供が小さいころは何回も行きました。そんなに種類は多くありませんが、かわいい動物に十分癒されて楽しめます。和歌山歴史観という建物もあり、歴史の勉強にもなります。地元に住んでいても知らないことばかりだな、といつも思います。天守閣の前には売店もあります。景色もよくて、さいこうに気持ちが良いです。そして、紀州徳川家のお殿様が楽しんだといわれる西の丸公園内には、茶室紅松庵 があります。りっぱな由緒ある復元された茶屋は、一般の人でも点出しを楽しめます。一服460円です。私は若いころ茶道をやっていたので、素晴らしい茶屋だな、と感動しました。特に茶道の心得がなくても職員さんが常駐してくれているので安心です。その後、天守閣にものぼりました。料金は、大人410円、小人200円です。和歌山城周辺で食事をするときは、レストラングリーン がおすすめです。 880円で食べられるいろいろランチは日替わりで、メインディッシュ3種類とサラダ、副菜、お味噌汁、雑穀米といろんな種類の料理が食べられます。もちろん味もすごくおいしくて、体に優しいランチだなと思いました。また、土、日、祝には食後に食後に、飲み物とケーキがついて 1080です。お得だと思います。和歌山といえば井出商店のラーメンは外せないと思います。店内は少し狭いですが、とんこつ醤油味のすごく食べやすいラーメンです。時間をずらしていけば、ゆっくり食べられると思います。お花見等に和歌山に来られた時は、ぜひ寄ってみてほしいと思います。

イビサクリーム人気